免許合宿とは?

免許合宿とは自動車教習所に併設もしくは隣接している宿泊施設で寝泊まりしながら、自動車免許や牽引免許といった免許を取得するために実技や講義を受けることです。自動車教習所に通学しながら講義や実技を受けるよりも短期間で免許が取得できると言われています。

免許合宿の申し込みの流れ

車

自動車教習所を比較する

免許合宿のコースを提供している自動車教習所がいくつもありますので、それらを比較してみましょう。教習所によって費用や取得できる免許の種類、宿泊施設の設備なども異なるからです。

自動車教習所を決定する

自動車教習所が決定したら、申し込み手続きを行います。申し込み手続きの方法は教習所によって異なりますが、インターネットや電話、書面などいくつかの方法から選べるケースがほとんどです。

支払いは事前に済ませておく

免許合宿は事前に全ての費用を支払うことがほとんどです。指定された口座に振り込みをしますので、費用を用意しておきましょう。どうしても全額を支払うのが難しいときは、ローンを組む、分割で支払えることもありますので相談してみましょう。

必要な物を準備しておく

免許合宿に出かける準備をしておきます。必要な物が合宿先である自動車教習所から指示されると思いますので、それにしたがって荷造りをしていきましょう。特に本人確認書類は忘れないように気を付けます。

牽引免許は就活に有利?

大型特殊免許だけを取得しても、仕事や職種によってはあまり使えないことがあります。併せて牽引免許を取得しておくと、就職転職時に仕事や職種の幅を広げられます。たとえば大型トレーラーを運転するのにはその両方が不可欠です。

牽引免許は短期間で取得できる〜免許合宿を活用〜

レディ

牽引免許の特徴と活用方法

牽引免許とは自走しない車の重量が750kgを超える場合に必要となる免許です。牽引をしない車の重量が750kg以下であれば牽引免許は必要ないのですが、大型自動車で引っ張るときは大型特殊車両の免許を持っていないと運転ができないのです。牽引と大型特殊車両の両方の免許を持っていると、ダンプトレーラーやキャリアカー、タンクローラーなどが運転できるようになります。両方を持っていると運転できる車の種類が広がりますので、就職や転職の際に有利に働くことがあります。

免許証

牽引免許でできること

牽引免許には3つの種類があり、その種類によって牽引できるものが変わってきます。まず車両重量が750kgを超えるときは、貨物トレーラーと連結して牽引することができます。たとえば運転席と客席の車両が分離されているような電車のようなバスを運転するときは、牽引二種免許が必要です。他にも限定条件が定められている牽引免許もあり、車両重量が750〜2000kg未満のものを牽引することに限定されています。一般的な牽引免許が最もできることが多いのです。

牽引免許を短期間で取得☆

牽引免許は合宿でも取得できる!

牽引免許も合宿にて取得が可能です。通学で取得を目指すよりも免許合宿のほうが短期間で集中して免許を取得できるようになります。費用負担も通学よりも大概安くなります。

広告募集中